NISAは配当金生活者の救世主です。

検索フォーム
最新記事
NISAは配当金生活者の救世主です。

NISAを利用する上での注意するポイント

NISAは専用の口座を作ると、少額の証券取引にかかる税金がゼロとなる制度です。今年の1月から証券取引において、配当や譲渡益に掛かる税率が10%から20%に引き上げられました。税率が20%になると個人投資家が手じまい売りを出すことを懸念して、今年の1月からNISAが同時に導入される運びとなっています。NISA口座では年間で100万円までの取引は非課税となり、最大で10年間の保有期間で非課税扱いとなるために長期保有をした方が有利な制度です。

しかし、NISAを活用する時には、注意をしなければいけないポイントがあります。まず、年間100万円までの非課税枠は一旦、株式などを売却してしまうと復活できないことが挙げられます。したがって、NISAで株式などを購入する場合には、3年から5年程度は保有できる銘柄を選ぶことが重要となります。次にNISA口座では、損益通算ができないことが挙げられます。そのため、NISAでの取引では含み損ができるだけ出ないように、複数回に分けて購入することが大事となります。

Copyright 2017 NISAは配当金生活者の救世主です。 All Rights Reserved.