NISAは配当金生活者の救世主です。

検索フォーム
最新記事
NISAは配当金生活者の救世主です。

数字で見るNISAの活用方法とは

2014年から始まった非課税制度NISAですが、いまいち内容が分かりづらいと思う人は少なくないです。そこで数字でNISAの内容を説明していきます。まず、制度の内容としては株式と投資信託の値上がり益にかかる税金が非課税になります。この非課税対象枠は毎年100万で最大5年間、最大500万までと設定されています。制度継続期間は2014年から2023年までの10年間の予定です。口座取得資格は20歳以上なので誰でも始められます。

肝心の内容についてですが、例えば100万円分の株を購入します。購入した株が1年後に140万円に値上がりした場合値上がり益は40万となります。この値上がり益に掛かる税金が40万×20.315%なので約8万の税金が発生します。この税金8万円が非課税枠として0円になるという内容になります。NISA口座の100万円の枠は売却してしまうと再利用することができないので、頻繁に売買することに向いてないです。そこで長期的な保有を前提とした商品を扱うことが重要です。

Copyright 2017 NISAは配当金生活者の救世主です。 All Rights Reserved.