NISAは配当金生活者の救世主です。

検索フォーム
最新記事
NISAは配当金生活者の救世主です。

NISAでは毎月の積立投資をすることで含み損リスクを軽減

NISAで証券投資を行っていき、5年後や10年後に損益がマイナスになってしまうと損益通算ができないために損失を取り戻す手段がないです。したがって、NISAでの証券投資では長期的に含み損が出ないような手法を取る必要が出てきます。長期的に含み損が出にくい方法としては、毎月の積立投資が挙げられます。積立投資は特定の投資信託に毎月一定の額を投資していくために、コストが平均化されていき、高値掴みを防ぐことが可能となります。

積立投資をしていく投資信託としては、まずインデックス型投資信託が挙げられます。インデックス型は代表的な株価指数に連動する投資信託です。インデックス型は大型株中心のものから新興株中心のものもあるので、いくつかを組み合わせて投資をしていくとより着実な運用ができると思います。また、インデックス型でも国内を投資対象とした投資信託だけでなく、海外を投資対象とした投資信託もあります。そのため、国内と海外のものを組み合わせるのも優れた方法となります。

注目度がUPしているハナシ。調べるならココでチェック

Copyright 2017 NISAは配当金生活者の救世主です。 All Rights Reserved.