NISAは配当金生活者の救世主です。

検索フォーム
最新記事
NISAは配当金生活者の救世主です。

NISAではいかに損をしないかが有効活用になる

株式投資において損をした場合にどうなるかです。損に税金がかかるとしたら大変です。損だと税金は一切かかりません。その他損はちょっとした決まりがあります。まず、他に株式投資で利益がある場合にそれと相殺が可能です。100万円の利益と30万円の損があるとき、100万に税金がかかるのではなく差額の70万にかかります。

また、損失は繰越が可能なので、前年に40万の損があり次の年に50万円の利益がある場合、その差額の10万円しか税金がかからないようなことができます。損は決して嬉しいものではありませんが、投資をしていれば少なからず出てきます。損切りをして次の投資に回したりすることもあるので、どんどん損を出すこともあります。

NISAにおいては損失の相殺、繰越ができません。損が出ても利益でも税金はかかりません。損を出す分、税金においては不利になってしまいます。1年100万円の限度額において、いかに損を出さないかが大事になります。

Copyright 2017 NISAは配当金生活者の救世主です。 All Rights Reserved.